宝当神社(佐賀・高島)情報サイト

宝くじ!宝当神社(佐賀・高島)TOP > 高額当選の島になったお話

高額当選の島と呼ばれるまで

宝当神社が、なぜ高額当選の島になったのか知りたいですよね。宝当神社の歴史を見てみると、御祭神がいかに高島を大切に思われているかが垣間見えてくるのですが、宝くじとの関連性は?

高島が高額当選の島と呼ばれるまでになったのは、島民の力も大きいようです。唐津湾に浮かぶ小さな島の神社が、全国的にも名を馳せるようになり、しかも大きなご利益を授けてくれる神社となったのには理由があります。

単に宝くじが当たる、というだけではなく「高額当選の島」と言われるほど「億単位」での当選者が続出するようになったのは、何年にもわたって知恵を絞り、協力し合ってきた島民の皆さんが要るからでしょう。

「お参りするだけで宝くじが当たるなんて、本当かな」と半信半疑の方も、高額当選の島になった話を知れば驚くに違いありません。

最初は島民の島おこしの思いから始まった、高額当選の島になった話ですが、島民の努力だけでは説明の出来ない、不思議な逸話もあります。

これはやはり、宝当神社のご祭神の力が働いているのではと思わざるを得ないんです。そして、そのような実話があるからこそ、多くの参拝客が、この小さな島に押し寄せるのでしょう。

高額当選の島になった話を聞けば、今すぐ宝くじを手に、高島へ行きたくなるはずですよ。

高島の島民のみなさんが、今でも参拝客に暖かいおもてなしをしてくださるのは、高額当選の島になるまでを経験されてきた方々ばかりだからでしょう。

高島は他の観光名所に比べ、派手さのない小さな島です。ですが宝当神社へ参拝することを目的に、これだけ多くの方が高島に、しかもわざわざ海を渡ってまで来てもらえるという事が、とても嬉しいのではないでしょうか。

また逆に、高額当選の島になった話を知る事で、島民の方に対する接し方も優しくなりそうなんですよね。お互いに気持ちの良い時間を過ごせる。そんな話が、高額当選の島になったエピソードには散りばめられているのです。