宝当神社(佐賀・高島)情報サイト

宝当神社 アクセス > バス

旅行気分も味わえるバスは運行時間をチェックして

宝当神社までのアクセスとして福岡県を拠点と考えた場合、最もリーズナブルで便利なのはバスの利用かもしれません。

基本的に宝当神社までバスをアクセス方法に選んだ場合、博多バスターミナルが発着時間も豊富ですから、最も便利だと言えるでしょう。

博多バスターミナルからバスで宝当神社まで、始発は6時台となっており、10〜30分おきに16時台まで出発しています。また宝当神社までのアクセス時間も約1時間半と、JRと比べても変わりがありません。

福岡空港第一.第二ターミナルからの出発時間は、11時から16時まで一時間から二時間おきに出ています。

もし次のアクセスまで余りにも時間があくようでしたら、地下鉄とJRを利用して唐津まで出るか、一旦博多駅まで地下鉄を利用し、博多バスターミナルからバスを利用すると良いでしょう。

宝当神社までのアクセスとしてバスが良いというのは、まず料金の面で優れているからです。1000円から1200円の間で片道を利用できますし、往復券を購入すれば片道850円から1050円で利用が可能です。

またバスをアクセスとして利用した場合、降車は「宝当桟橋」となります。宝当桟橋は海上タクシー乗り場のすぐ隣ですので、バスから降りたらすぐに桟橋をわたって海上タクシー乗り場まで行けてしまいます。

地下鉄やJRも、電車の旅として心地よく宝当神社まで行けるのですが、唐津駅から海上タクシー乗り場まで徒歩15分もかかるので、歩くのが辛いと感じる方は、アクセスにバスを利用する事をおすすめします。

ただ、春や秋など良い季節で天気が良ければ、唐津城下を歩いていくのも、また旅気分を味わえて良いかもしれません。

バスは昭和バスを利用します。からつ号が宝当神社までのアクセス方法となり、平日と土日祝日のダイヤは微妙に異なりますので事前にチェックしておきましょう。

いずれにしても博多バスターミナルから宝当神社までのアクセスだと、8時から16時までに乗り場へ行けば直ぐに次のバスがやってきますので安心ですね。

からつ号は4列リクライニングシートで、カラフルな車体が目立ちます。福岡市内を走るバスより、若干旅行感を感じられる昭和バスに乗り込んで、いざ宝当神社をめざし出発しましょう!